やっぱりインプラントが好き

2016年6月30日 / 未分類

誰でもインプラント治療ができるワケではありません。

その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもすごく費用が違うことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることも事実です。

そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。手術では他の歯いなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持っ立ため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間の経過伴に落ち着くのがほとんどなので、気にしないで頂戴。ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。喫煙によって、インプラント治療が影響をうける可能性は無視できないものがあります。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害するはたらきをします。インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、つらくても禁煙するのが正解です。

年々利用者が増えてきたインプラント。

その施術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。
旧来の入れ歯とくらべた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行なう事が出来ます。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の極めて高い医療スキルが必須といえるでしょう。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ですが、保険は聞かず自由診療なので、治療費は高額になっています。
例外はありますが、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。確定申告で医療費控除をうけたい場合、歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、他の医療費と伴に、1年分をもれなく保管して頂戴。

入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部の義歯になる部分を装着します。ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、ご飯もオイシイと思えます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを追いもとめるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
治療を初める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療全体をとおして、相当な出費になるんです。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されず検査など、治療の一部しか保険が聞かないのが負担が大聞くなる原因です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で初めなければなりません。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。保険が聴けば治療をうける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療とくらべて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手に噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はすごくのものです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る